美肌作りの基本ステップ

美容液を角質層まで浸透させる使い方

美肌作りの基本ステップ

皆さんはお肌のお手入れの際、美白美容液を
どのように使っていますか?

美容液は使い方を間違うと効果が半減します

美容液の効果を実感するためには
皮膚の奥まである程度の量を浸透させることが大切なんです。
もったいないからといって少しずつ使っても意味がありません。

ただ角質層にも限度量というものがあるので、
やみくもに大量に使っても無駄になってしまいます。

そこで美容液の正しい使い方とは・・・?

2~3回に小分けして少しずつ塗っていく

必要十分な量を肌にしっかり浸透させることができます。

化粧水→美容液→乳液の順で塗る

乳液の種類にもよりますが、一般的に乳液には
油分が含まれています。
そのため、乳液のあとで美容液を塗っても
美容成分が浸透しなくなってしまいます


美白美容液はお値段も高価なので、
間違って使うのは非常にもったいないですよね。
正しい使い方を今一度確認してみましょう!
 
また、浸透技術で特許をとっているアメリカ発のドクターズコスメもあります。
浸透しづらい、壊れやすいビタミンCを独自の浸透技術で、
肌内部に届けることが期待できます。
 
アメリカ生まれといっても、日本人女性のために作られた美白化粧品なので、
お肌に合いやすくリピーターが多いことでも知られています。
とくに、美容液CセラムはビタミンC誘導体よりも
効果が高いと言われるビタミンCをそのまま肌の奥に届ける技術がいかされています。
 
今お使いの化粧品の浸透力に不満のある方は
1,890円からスタートできるトライアルセットを一度試してみてください。
 

毎日のケアを正しく行ってこそ、美容液の効果がアップ♪

美肌作りの基本ステップ

皆さんは毎日のスキンケア、どのように行ってますか?

メイクを落としてから洗顔→化粧水→乳液などのステップが
一般的なスキンケアだと思います。

疲れてお化粧をしたまま寝ちゃった!
なんて経験は誰でも一度や二度はあるかと思いますが、
メイク落としを怠って毛穴の汚れを残ったままだと
肌がくすみ、色素沈着をおこしてしまう
こともあるんです

基本的なスキンケアをサボったままで美容液を使っても
あまり効果はないでしょう。

正しいお手入れをした後に美容液を使ってこそ、
はじめて効果が得られ、憧れの美白肌へと近づくことが
できるんです。

ただし、ゴシゴシ洗い過ぎては肌にダメージを与えてしまいます。
特に皮膚の薄い目元などはたっぷりの泡でやさしく
包み込むように洗うといいでしょう。

またお手入れ時のマッサージも効果大!

マッサージは普段使わない筋肉を動かし、血行もアップ!
毎日のスキンケアに無理のない程度に取り入れると
いいでしょう♪

 

TOPPAGE  TOP 

ジャンル別での優待品 フォレックス・ドットコム