肌によくない生活習慣

肌をくすませない生活習慣で美白肌に!

肌によくない生活習慣

美白美容液などで美肌を目指している方は多いと思いますが、
自分にあった方法でのケア、ちゃんとできていますか?

くすみが気になる方は寝不足やタバコが原因になっている方も多く、
生活習慣を見直すことが先決になります。

またケアのやりすぎでかえって肌へのダメージが大きく
悪影響を及ぼしていることもあります

くすみが気になる、という方はケアのやりかたが間違ってないか?
一度見直してみましょう。

シミが気になるという方は、UVケアを怠っていたという方も多く、
ビタミンCが不足しがちです。
自分の求める効果のある美容液か?
成分をよく見て自分にあった美容液を選ぶようにしましょう

美肌のためには食事などでビタミンCなどを体内から取り入れることも
大事ですが、肌に直接塗るスキンケアもあわせて使うことが大事。。
日ごろのお手入れに美白に良い美容液をプラスするだけでも
けっこう効果的なんですよ。

あこがれの肌を手に入れるためにも
努力は続けたいものですね♪

美容液だけでは効果薄!?生活習慣と美肌のカンケイ

肌によくない生活習慣

キレイなお肌を目指して、日夜スキンケアにはげんでいる
女性も多いと思います。

高額な美容液でお手入れするのももちろん大切ですが、
もしあなたの生活習慣が乱れていれば、せっかくのケアも
無駄になってしまう
ことも・・・。

肌に影響を与える3つの要素を挙げてみましょう。

①睡眠

肌の生まれ変わるターンオーバー周期といわれているものが
睡眠不足によって乱れると、肌荒れを起こしやすくなります。
メイクを必ず落とし、できれば夜10時~深夜2時の間は
眠るようにしましょう


②タバコ

タバコは体内のビタミンCを破壊し、血行を悪くさせます
タバコを吸っていては肌にいいことはひとつもありません。

③便秘

便秘になり、便から毒素を排出できない時には
汗腺から毒素を排出しようとするはたらきがあるため
肌荒れや吹き出物が出やすくなります

美肌を目指しているのなら、美容液などと同時に、
規則正しい生活習慣や食物繊維をたっぷり食べる
ことも必要
でしょうね。
 

TOPPAGE  TOP 

ジャンル別での優待品 フォレックス・ドットコム