ビタミンC誘導体の作用

1つだけじゃない、美白ビタミンCの種類と特徴

ビタミンC誘導体の作用

ビタミンCは美白化粧品や美肌のためのサプリとして
たくさん商品化されて知っている方が多いと思います。
でもビタミンCと一口にいっても、実は様々な種類があること、
ご存知でした?
 
天然のビタミンCは、そのままでは肌に浸透しにくいうえ、
熱に弱く、水や空気に触れるとすぐに酸化してしまうため、
そのまま肌にぬっても美白の即効性があるわけではありません。
 
そのため、美白化粧品に含まれるビタミンCは、肌に吸収
しやすいように「ビタミンC誘導体」というものに
形を変えられているんです。
 
L-アスコルビン酸
アスコルビン酸2-グルコシド
リン酸アスコルビン酸ナトリウム(VC-PNA)
リン酸アスコルビン酸マグネシウム(VC-PMG)
テトラヘキシンルデカン酸アスコルビン(VCIP)
 
ちょっと難しい用語ですね~。
どれも美白・美肌効果を期待できるビタミンCの種類なんですよ。
 
VC-PNAやVC-PMGは水溶性のビタミンC誘導体
短時間で肌に吸収されるという特徴があります。
一方VCIPは油溶性のビタミンC
肌の細胞に吸収されやすい特徴があります。
 

ビタミンCよりも高い効果!のビタミンC誘導体って?

ビタミンC誘導体の作用コメント(0)トラックバック(0)

食事で摂ったり、化粧品に配合されているビタミンCには、
保湿、皮膚の再生やシミ・くすみなどの美肌効果があることが
知られています。
 
しかし、天然ビタミンCは不安定な物質で、熱や空気によって
壊れやすいという特徴を持っています。
 
そこで近年、「ビタミンC誘導体」というものが開発されてきました。
 
ビタミンC誘導体には水溶性・油溶性があり
どちらも化粧品として安定した状態の物質です。
 
天然型ビタミンCが肌が肌に対して刺激作用があり、
肌のバリア機能が働いて浸透しにくいというのに対して、
ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、その浸透する
スピードも調節することができるそうです。
 
またビタミンCが酸化しやすく美白にはたらきかける時間が
短いのに対し、ビタミンC誘導体は長時間作用し続ける
といった利点も♪
 
最近の美白化粧品にはビタミンC以外に
このビタミンC誘導体が配合されたものが多く開発されており、
より高い美白効果を実感できるようになりました。
 
ただし、ビタミンCのデメリットを排除できる技術があれば、
ビタミンC誘導体を使うよりも天然のビタミンCを使った方が効果を感じやすいのです。
 
最近、ビタミンCの「浸透しづらい」「壊れやすい」といったデメリットを
独自の技術で解消した化粧品ブランドがビーグレンです。
 
とくに天然のビタミンCのよさを引き出したCセラムはリピーターが多く
美白だけでなく毛穴やたるみで悩む方にも人気が高い美容液です。
 
ビタミンCは、たるみやシワ・毛穴などエイジングケアには欠かせない
コラーゲンを作る際に必要な美肌成分としても知られています。
なるべく天然の良質なビタミンCを取り入れたいですね。
 
ピュアなまま浸透させる独自の技術力を採用!
ビーグレン>>トライアルセットはこちら
 
 
 

TOPPAGE  TOP 

ジャンル別での優待品 フォレックス・ドットコム