ビタミンCを体内から摂取

美白とアンチエイジングの切り札!ビタミンC点滴

ビタミンCを体内から摂取

お肌によいといわれるビタミンC。
食事やサプリで体の中から摂取するもの、美白化粧品などで
肌から摂るものの他に、直接体のなかにビタミンCを点滴する
ビタミンC点滴という方法もあります。
 
ビタミンC点滴は癌の治療の一つにもなっているほどで、
アンチエイジングの治療としても注目されているんです。
 
疲れやすい
肌荒れやシミが気になる
体の老化を予防したい。。
 
・・・こんな方はビタミンC点滴が向いています。
 
体の中に直接、高濃度のビタミンCが働きかけることで、
メラニンの生成を抑え、美白効果を期待できるんです。
またコラーゲンの生成を促してくれるので、
ピンとハリのある若々しい美肌になる効果も♪
 
ただ、ビタミンCは体のなかにとどめておくことが出来ないため、
一度点滴を受けたからといって効果が持続するわけではありません。
また、保険適用にはならず、自費診療となります。
 
体調管理や美肌作りのためには定期的にビタミンCの点滴
受けると効果的なんだそう。 

ビタミンCを摂るタイミングで美白効果もかわる!?

ビタミンCを体内から摂取コメント(0)トラックバック(0)

ビタミンCを美白やシミ・シワ改善のために摂取している人は
多いと思います。
でももし、ビタミンCを摂るタイミングでその効果が大きく
変ってしまうとしたらもったいないと思いませんか?
 
効果的に美白を目指すなら、できるだけ効率的に摂りたいもの。
そのためのポイントをいくつか挙げてみましょう。
 
①少量ずつ何回かに分けて摂る
 
ビタミンCを一度に大量に摂取しても、尿によって対外に
排出されてしまいます。こまめに摂取してお肌に働きかけましょう。
 
②空腹時を避ける
 
満腹時の方が緩やかにビタミンCを吸収してくれるので、
長い時間効果が持続します
空腹時と満腹時のビタミンCの吸収量を比較すると、なんと
満腹時の方が1.6倍も吸収されるんだそうです。
 
③食べあわせに気をつける
 
ビタミンPやカルシウム・マグネシウムと一緒に摂取することで
より美白効果が高まります
反対にバナナ・にんじん・かぼちゃなどのアスコルビナーゼを
含む食品はビタミンCを壊す働きがあるので、避けた方が
いいでしょう。もしも一緒に食べるときには、
お酢をかけたり熱を加えるとよいようです。
 
よりよい摂取のタイミングを知って、効果的に美白を目指したいですね♪
 

ビタミンCと一緒にとることで美白効果がアップする栄養素

ビタミンCを体内から摂取コメント(0)トラックバック(0)

美肌のためだけでなく体に様々な恩恵をもたらすビタミンC。
一日あたりに必要な摂取量は成人男女で100ミリグラム以上と
言われていますが、体の中で作り出すことはできないため、
食事などで外から摂りいれなければならない栄養素です。
 
たとえばコラーゲンは美肌のためだけでなく、
不足すると欠陥がもろくなったり皮膚から出血するなどの
トラブルを起こしてしまいますが、コラーゲン生成にも
ビタミンCが必要不可欠です。
 
ビタミンCは、
アセロラ、キウイ、トマト、ほうれん草などに多く含まれます。
またサプリメントで補うのもよい方法ですね。
 
また単独で摂るよりも
ルチン、フラボノイドなどのビタミンPと一緒に摂ると
美白・シミ・しわの予防効果が高まるそうですよ♪
 
その他ビタミンB2、ビタミンB6など肌の若返り作用のある
ビタミンと一緒に摂ることでハリのある健康的な肌に
なれるでしょう♪
 
ビタミンCは一度にたくさん摂取しても尿から対外に排出
されてしまうので、こまめに少しずつとるとより効果的ですよ。
 

ビタミンCを多く含む美白食品って何?

ビタミンCを体内から摂取コメント(0)トラックバック(0)

ビタミンCに様々な美肌作用があることはよく知られています。 
保湿、美白、皮膚の再生、コラーゲンの生成→シワ防止、
活性酸素の除去作用・・・などなど。
美しいお肌を目指す方なら積極的に取りたい栄養素のひとつですね♪
 
1日に必要なビタミンC摂取量は、
成人男女で100mg。妊婦は+10mg、授乳婦では+40mg
といわれていますが、美白効果を期待している人は
それより多く摂る必要があるでしょう。
 
では、ビタミンCを多く含む食品を挙げてみましょう。
 
果物では
キウイ1個で 114mg
柿1個には  93mg
オレンジ1個 80mg
のビタミンCが含まれています。
 
野菜では
ブロッコリー、ピーマン、小松菜などに多く含まれています。
 
その他、100%グレープフルーツジュース
100%オレンジジュースなどにはコップ1杯(約200cc)で80mg
のビタミンCが摂れるので、手軽に利用できそうですね。
 
水に溶けやすく、熱に弱いという弱点があるため、
加熱や洗い過ぎないといったことに注意しながら
調理するようにしましょう。
 

TOPPAGE  TOP 

ジャンル別での優待品 フォレックス・ドットコム